悩みで悪化した記憶力を回復させる方法

悩みで悪化した記憶力を回復させる方法

こんばんは、西橋です。

少し前の話ですが、娘がトランプにハマっていて、朝一や休みの日は一緒に神経衰弱とババ抜きをやっていました。

家族3人でやるのですが、記憶力がいい娘がほとんど勝ちます。

さて、この記憶力なんですが、人間関係で悩んでいる人は、悩んでいない人に比べて悪くなっている傾向があります。

なぜなら、悩んでいることによって「こんなことを言ってもいいのか」「このタイミングで話したらマズいんじゃないか」「この話は相手に役立つかな」なんていろいろムダなことを考えてしまって、その分記憶する方に意識が向かなくなってしまうからです。

さらに、その考えすぎの影響で脳が疲れてしまうので、よりいっそう記憶力が悪くなってしまいます。

それが仕事でのミスにつながったりするので、自分を責めて自信をなくしてしまうという悪循環に陥ってしまうんですよね。あと、深刻な病気じゃないかとか余計な心配をして苦しむこともあります。

この状態を少しでもラクにする方法として、

今悩んでいるせいで考えていることが何かを書き出すこと

があります。

書き出してみると多く出てくるはずですので、それを見れば「これだけ考えていたら記憶もできないよな」と実感できて自分の能力的なもの、病的なものが原因ではないと思えるので気持ちがラクになるのです。

あなたがもし記憶力が悪くなってきたことで不安を感じておられるなら一度試してみてくださいね。

※ストレスが脳に悪影響を及ぼしているケースもありますので、ストレス解消も同時にやっていただくことをオススメします。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ