巻き込み力

巻き込み力

こんばんは、西橋です。

仕事ができるようになる要素のひとつに「巻き込み力」があります。

名前のとおり巻き込む力です。

すみません。そのままで(笑)

でも、これはすごく大切でこの力があるかないかでできる仕事の幅が変わってきます。

巻き込み力がない人は自分だけで頑張るしかないので一人でできる範囲の仕事を超えて仕事をすることはできません。

それに対して、巻き込み力がある人は2人、3人、5人、10人と周りの人を巻き込んでいくことができるので大きな規模で仕事をすることができるのです。人数が集まってくれば一つのプロジェクトを立ち上げることも可能になります。

例えば、上司から任された仕事をまず自分なりにやってみてアイディアを考え出す。そのアイディアを会議か何かの席で話して興味関心を引く。上司に一人だけでやるには惜しいものと認識させて協力者を募らせる。といった感じですかね。

あまり仕事ができないタイプの人であれば、会議など全員が集まる場面で「今のままだと間違いなく周りに迷惑がかかる」とか言って不安をあおって助けを求めるのも巻き込みの一つです。

周りを巻き込める人は自分が全力で動かなくても周りが動いてくれるので、仕事ができるだけでなくラクすることもできます。

巻き込み力をアップさせたいなら「どうすれば周りを巻き込めるかな」と考えてどんどん試していきましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ