仕事のコツは「関連付け」

仕事のコツは「関連付け」

こんばんは、西橋です。

仕事ができる人とできない人の大きな違いの一つに「関連付け」ができるかどうかがあります。

関連付けができる人は仕事ができ、関連付けができない人は仕事ができない。

「あっ、これはあの仕事と同じようにやれば早くできそうだな」

「この仕事は初めてだけど今までやってきた仕事のこの部分は共通してるから使えそうだな」

「この前の会議で話が出てた○○の話って自分の部署にも関係するよな」

こういうことに気付きながら仕事ができる人は、頭の中でいろんなことを関連付けて流れを作って全体を見ながら仕事ができるので、新しい仕事でも初めてだとは思えないくらいに上手くこなします。できない人と比べると雲泥の差ですので、上司や同僚からも別格の高い評価を受けることになるんですよね。

逆にできない人は、少し形が変わっただけで今まで同じようなことをやっていても全く活かせず、毎回ゼロからのスタートになるので勉強することも多くなるし、仕事に時間が掛かるし大変です。上司や同僚からも仕事ができないヤツというレッテルを貼られてしまいます。

あなたはどちらのタイプでしょうか?

もし、関連付けができていないようであれば、こじつけでも構わないので普段から「これとこれは関連してるかな」ということを日常生活の中で探しながら生活してみるのと良いですよ。

一朝一夕ではできませんが、続けていれば必ずできるようになれますので。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ