「ちょっと失礼かな」くらいがちょうどいい

「ちょっと失礼かな」くらいがちょうどいい

こんばんは、西橋です。

お客さんや取引先の方に対応するときに「お客様は神様」精神を持ちすぎて、やたら低姿勢になって言いなりになったりバッチリの敬語を使ったりするケースがありますが、これは自分だけでなく相手にとっても良くありません。

なぜなら、丁寧すぎる対応は話しづらかったり、変に緊張感が生まれて心地よさを失ってしまうからです。

想像していただくと分かっていただけると思いますが、相手がキッチリしすぎていると気を抜くことが許されない雰囲気になってしまいますよね。また、人によっては他人行儀に感じるケースもあるので悪い印象を与えかねません。

ですので、お客さんや取引先の方と接するときは、「ちょっと失礼かな」と思う程度に緩めた接し方をするのが好まれやすく、人間関係も作りやすくなります。

これは対面だけでなく、電話でも、メールでもそうです。

堅苦しくキッチリとし過ぎているなら緩めてみると今より良い関係を築きやすくなりますよ。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ