行動しなきゃ変わらないのに行動しない理由

行動しなきゃ変わらないのに行動しない理由

こんばんは、西橋です。

「行動」

というのは、何かを変えようとする限りどうしても必要になります。

いくら頑張って頭で考え続けたとしても、行動をおこさない限り何も変わらないですからね。

というのを、誰もが頭では理解してると思うのですが、いざ自分が壁にぶつかったとき、困難に直面したとき、悩みを抱えたときになると、行動をおこさなくなります。

なぜでしょうか?

理由は一つ、言い訳です。

言い訳をしてしまうから行動しなくなって、頭で勝手に結果を推測してマイナスに考えたり、上手くいかないとか、解決できないとか、思い込んでしまうんですよね。

勇気を出して行動しようと思ったときに「でも…」と真っ先に言い訳が出てきて行動できない人は、その「でも…」を「どうすればできるかな?」に変えることで行動できるようになれます。

長期間に渡って習慣化してるとなかなか変えるのが難しいんですけどね。

今回の内容を参考にしても、行動できずに悩みが解消しない状態が続いてお困りの場合はこちらからご相談いただければと思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ