自分らしく生きる秘訣

自分らしく生きる秘訣

こんばんは、西橋です。

人間関係で悩みやすい人は、「自分がどうしたいか」という基準ではなく、「相手がどう思うか」という基準で生きています。

具体的に言うと、ランチに誘われたときに本当はカレーが食べたくて仕方ないのに、周りが「今日はパスタが食べたいね」と言えば、「私もパスタが食べたかったの」なんて嘘ついて食べたくもないパスタを愛想笑いしながら食べるような感じですかね。

こんな毎日を何年も過ごしている人の中には、自分のやりたいことがぼやけて分からなくなってしまっている人だっています。それだけでなく、ストレスも莫大に溜まるのでうつ状態になってしまう人も少なくありません。

まさに「自分らしさ」とは縁遠く正反対な状態ですよね。

じゃあ、そういう状態に陥っている人はどうすれば自分らしく生きれるようになるのでしょうか?

その答えは、少しずつでも自分のやりたいことをやっていくことなのです。

空気を読む必要も、愛想笑いを頑張る必要もありません。

みんながパスタと言おうが「私はカレーが食べたい」と言うのです。

遠慮がちでも小さな声でも何でもかまわないので、「私はこうしたい」ということをちゃんと相手に伝えていく。

もし、誰も自分に賛成してくれないなら、自分ひとりだけでもやる。

自分勝手で気が引けると思われるかもしれませんが、「相手がどう思うか」という基準で生きている人が自分らしく生きるためには非常に効果的な方法であり、本来の人間の自然な姿ですから一度チャレンジしてみてください。

まぁ、「相手がどう思うか」という基準で生きてきた人は、意を決して言ったとしても周りの気分を害するようなことはできませんから大丈夫ですよ。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ