自分の為にしかできないなら自分の為でいい

自分の為にしかできないなら自分の為でいい

こんばんは、西橋です。

たまに営業電話がかかってくるのですが、出れなかったとき留守電にもメッセージも入れずに何度も電話をしてきたりする業者さんがおられます。

そういう業者さんに限って、「西橋先生の素晴らしい考え方に感銘を受けて何とか協力したいので割引します」みたいなわけの分からない「あなたの為に」メッセージで押してきます。

でも、私の為にって口では言ってても、留守電にメッセージ残さなかったり、折り返しの電話をしたらフリーダイヤルでもないのに長いセールストークを展開したり…

行動が私の為になっていないので信用できないのです。

それならいっそのこと、「自社の利益のために」と言ってもらったほうがマシな気はします(笑)行動と言動が一致しますからね。

これは一般の人間関係でも言えることなんですが、いくら「相手の為に」と口で言っていても、行動が本当に「相手の為に」という行動になっていなければ、相手からは評価してもらえません。

  • (自分が嫌われないために)相手の喜ぶ話をする
  • (自分が嫌われないために)相手の要望にNOを言わない
  • (自分が話しづらい人間だと思われないために)間を空けないようにして話す

こういったことはすべて自分のためにやっていることです。

あなたは本当の意味で相手の為にやっていることがありますか?

今の時点ではないかもしれません。

でも、それはそれでオッケーです。

まずは、自分の為にできることをやってください。

余裕ができて初めて相手の為に何かができるようになれますから。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ