相手に自分が求めていることをして欲しいなら

相手に自分が求めていることをして欲しいなら

こんばんは、西橋です。

上司や同僚、お客さんに対して「こうして欲しい」と求めてばかりではなかなかしてもらうことはできません。

これは夫や妻、彼氏彼女に対して愛情を求めるのと似ています。

相手に「自分だけを愛して欲しい」「もっと自分に愛情を注いで欲しい」と求めてしまうと、相手にとっては重たくなって逆に冷めていってしまう。こういうタイプはよく「重いタイプ」「束縛タイプ」と言われますよね。

求めてももらえない。それどころか余計にもらえない可能性が高まってしまう。

なぜなら、相手にあげるかどうかはその人次第のことでしかないのに、無理やりコントロールしようとしてしまうから嫌がられてしまうんです。

求めるといいことないんですよね。

もし、本当に相手にして欲しいことがあるのなら、求めて無理やりコントロールしようとするんじゃなく、どうすれば相手が自然とそうしたくなるかを考えて行動していくと相手が自分のして欲しいことをしてくれるようになります。

先ほど例に挙げた夫婦間や恋愛間での愛情においては、愛情が欲しいなら自分から相手に愛情を与えるとかですね。(注:愛情というのは束縛や押し付けとは違います)

人間には「何かしてもらったら何かしてあげたくなる」という心理がありますから、その点も踏まえて考えていただくと何をすればいいか気づいていただけるのではないでしょうか。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ