比較しない方法(その1)

比較しない方法(その1)

こんばんは、西橋です。

今まで生きてきた中で、比較をしたことがない人はいないと思います。

私自身も、幼少期から弟との比較、学生時代は同級生との比較、社会人になってからは優秀な営業マンとの比較、世渡り上手な人との比較…

さまざまな比較を経験しました。

比較は、競争意識を働かせて努力するという面で考えると悪いものではありませんが、過度の比較は自分を劣等感にさいなませる原因になってしまいます。

では、このように比較をするようになった原因は何なのでしょうか?

その一番大きな原因はメディアの発達ではないかと言われています。

例えば、原始時代のように自分の周りだけの情報しか入ってこない状況であれば、そんなに比較することもなかったでしょう。

しかし、現代は、雑誌、ラジオ、テレビ、インターネット…いろんなところから情報が入ってきます。最近ではfacebookやブログで一般の人の情報もどんどん入ってきます。

さらに、ダイエット商品の販売で痩せた芸能人を起用して、それを見た人にその芸能人と比較させて「私も痩せたい!」と思わせるなどといった企業のマーケティング戦略まで加わっているので、自然と比較してしまうようにもなっているんですよね。

まず、このようにメディアが発達した影響で、比較をしてしまうクセが付いてしまっているという事実を知ることが大切です。(余計な買い物をさせられないためにも大切です。)

⇒比較しない方法(その2)

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ