本当の自分が出せないのはなぜ?

本当の自分が出せないのはなぜ?

こんばんは、西橋です。

人付き合いをして相手との関係を深めていくにあたって、本当の自分を出すことはすごく大切なことなのですが、出そうと思っても出せないというケースもあります。

「私はこう思っている」

「私はそれはやりたくない」

「私はこれがやりたい」

「私はこれが好きです」

「私はこれが嫌いです」

本当の自分を出すというのは自分の考え方や価値観を出すこと、つまり、「本当の自分はこういう人間なんですよ」というのを相手にさらけだすことになります。

その結果、「もしその本当の自分を相手が受け入れてくれなかったら…」なんて考えてしまうと不安や恐怖が頭をよぎって出せなくなってしまうんですよね。

自分が傷付くのが怖いんです。

だからといって、本当の自分を出さないままだと、何か壁があるような状態になって相手との関係は深まらないままになってしまうので、人付き合いを楽しめるようになりたい、相手との関係を深めたいと思っているのなら、傷付くこと覚悟で本当の自分を出していくことが必要になります。

まずは、自分の中にある本当の自分がだせない理由を知ることから。

知ることによってどうすれば出せるようになるのかに気付くキッカケになりますからね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ