完璧主義のしんどさを軽くする方法

完璧主義のしんどさを軽くする方法

こんばんは、西橋です。

試験などにある合格点、だいたいが70点くらいですよね。

試験に受かるために頑張って勉強してもなかなか100点はとれませんが、とれなくても70点以上とれれば合格になります。

「そんなこと当たり前じゃん」って話です。

でも、自分に対してはこれが当たり前じゃない人がいます。

80点をとっても「いや、100点には20点足りないからダメだ」と、合格しているにもかかわらず100点と比べて足りない点数ばかりを考えるのです。

周りの人からすれば「別に合格してるからいいんじゃない」という感じですよね(苦笑)

なぜ、このようなことが起こるのでしょうか?

それは、その人が勝手に設定している合格点が100点だからなのです。

いくら世間一般での合格点は70点でも、自分で100点を設定しているから80点では残念ながら合格にならないんですよね。

いや~、厳しい。厳しすぎますよ。

だって、100点だったら1点のミスも許されないわけですから、息詰まるようなしんどさがあるはずです。俗に言う完璧主義。

あなたは勝手に合格点を100点に設定してませんか?

もしそうなら、できることからでいいので、日々の些細なことをわざと中途半端にする習慣をつけていくと良いですよ。

もっと効果がある方法が知りたい場合はご自身で考え抜いた上で、こちらからご相談くださいね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ