好かれるためにカメレオンを卒業しよう

好かれるためにカメレオンを卒業しよう

こんばんは、西橋です。

カメレオンってご存知ですよね?

あの爬虫類です。ええっと、その場その場の色と同化できる生き物。

人に嫌われたくない人はカメレオンのようにその場その場にあわせて色を変えます。決して自分の色は出さずに同化していきます。

嫌われないリスクは減るかもしれません。

でも、カメレオンじゃあ好かれません。

だって、

本当の色がわからないし、相手からしたらどんな人かわからない。なんか壁を感じる。もっと自分のことを話して欲しい。

とか思われるから。

それでも、嫌われたくない人はカメレオンを続けます。いや、正確には嫌われるのが怖すぎてカメレオンがやめられないんです。

嫌われたくない…

嫌われるのが怖い…

「分かりました。じゃあ、嫌われないようになれればいいんでしょ?」

それに対する「どうすればいいの?」の答えが、好かれることだったりするんですよね。

嫌われたくないなら好かれればいい。

好かれるためには何するの?

汚い部分も含めた自分を出していく。本音を話していく。

好かれないカメレオン、もう卒業しましょうね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ