基準を下げて幸せを感じる

基準を下げて幸せを感じる

こんばんは、西橋です。

人それぞれ、物事に対して求める基準というのは異なります。

例えば、食事について、100円マックで満足できる人もいれば、何万円もするような高級料理でないと満足できない人もいます。

仕事のできない上司でも不満を持たない人もいれば、自分より仕事のできる上司でないと許せないという人もいます。

私たちはこういった基準をいろんなことに対して設けているのですが、この基準が全体的に低いほど幸せを感じやすくなるのです。

これは生きることに関しても同じで、日々生きることができているだけで満足な人は「今日も生きれている」と実感するだけで幸せですが、誰とでも仲良くできて仕事ができて世間から見た一定の基準を満たさないと満足できない人はその状態になるまで幸せを感じることはできません。

そういう人の場合、もしその状態になれたとしても、また新たに足りない部分を求めだすので、それを求めて苦しみます。

結局はずっと幸せを感じることはないんですよね。

あなたはどれくらいのことで満足感や幸せを感じますか?

生きているだけで幸せだと感じられるようになれば毎日幸せに過ごせそうですね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ