他人や環境のせいにしても変わらない

他人や環境のせいにしても変わらない

こんばんは、西橋です。

「同僚が仕事をちゃんとやらないからイライラする」

「上司がかわいい女子社員をえこひいきするのが許せない」

「能力がないくせに偉そうにしている上司がストレスだ」

「頑張っている社員に正当な評価を与えない会社が悪いんだ」

こういうことを思う人って多いんじゃないかと思います。よく仲のいい人同士でこういうことを愚痴りあったりすることも多いのではないでしょうか?

でも、いくらこんなことを言い合っても、思い続けたとしても何も変わりません。

自分のストレスとその対象への怒りが膨らんでいくくらいですかね(笑)

確かにブラック企業と呼ばれる会社やモラハラ、パワハラ、いじめ、嫌がらせと、職場の人間関係の悩みは相手に問題があるケースがほとんどです。

それでも、パワハラ上司の下でも上手くやっている人もいます。嫌がらせが多い職場でも嫌がらせを受けずに楽しそうにしている人もいます。

この違いはいったい何なのか?

それは環境に依存しているかいないかの違いが一番大きいのではないかと思っています。

今の職場にしかいられないと思っている人はその環境下で頑張らざるをえない。だから、上司に変わって欲しい、職場環境が良くなって欲しいと強く願う。

でも、別に違う職場にいつでも行けると思っている人なら、別に今の職場が良くならないなら別の職場に行けばいいと思うわけで職場に求めたりはしません。

「職場がこうだから自分がやりたいことができないんだ」

「上司がこうだから自分のスキルが上がらないんだ」

いくらでも言えることはあると思いますが、エネルギーのムダというだけでなく、自分の貴重な時間をそんな嫌な相手に使っているという時点で計り知れない損失を受けている状態だと言えます。

職場にいる時間が長いので勘違いしてしまいがちですが、大切なのは「自分がどうしたいか、どうなりたいか」

その中で会社をどのように利用できるのか考えて仕事はしていくものです。

会社や上司に変化を求めながら利用されて終わっていく人生はやめましょうね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ