人間関係に悩む人と悩まない人との違い

人間関係に悩む人と悩まない人との違い

こんばんは、西橋です。

人間関係に悩むタイプの人はこういったことを考えがちです。

  • 人から変に見られているのではないか
  • 自分の本音を言えば嫌われるのではないか
  • 無視されたのではないか
  • 人前で上手く話せないのではないか
  • 緊張しているのがバレたらどうしよう
  • 何を話して良いかわからない

などなど…

でも、これって別に特殊なことではなくて、誰しも少なからず感じることではあるんですよね。

ただ、人間関係で悩まないタイプの人は、

「まぁいいか。」

「気のせいかな?」

「なんとかなるか。」

といった感じで、深く考えるのを止めたり、開き直ったり、それほど大事に考え込まないから悩みません。

あと、全般的に物事を考えない人も悩まないですよね。(別の意味で問題ですが…)

つまり、悩みの種になるようなことを考えること自体が問題じゃなくて、そのことに執着して考えすぎてしまうことが問題なのです。

あなたは物事に執着しやすいタイプですか?

もし、そうであればこちらを参考にして執着しやすい状態を変えていくのが良いかもしれませんね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ