人とかかわっているから失敗が生まれる

人とかかわっているから失敗が生まれる

こんばんは、西橋です。

人は誰でも失敗したくないものです。

失敗すると、格好悪い、恥ずかしい、情けないといったマイナスの感情を抱きますからね。

でも、実はこのマイナスの感情、完全に1人で周りに誰もいなくて、指摘されることもなかったら起こる感情ではないのです。

なぜなら、失敗は周りの目があって初めて出てくるものだからです。

自分ひとりでいるときにメモをとっていて字を間違えたということがあったとしても、別に恥ずかしくないですよね?

人に見られるからこそ、格好悪い、恥ずかしいといったマイナスの感情がわいてくるのです。

ですので、失敗したと感じるということは、あなたが人とかかわっている証拠とも言えます。

恥ずかしい、格好悪いと思う前に、人とかかわることができているのだと考えると、少し気持ちを切り替えることができるかもしれませんね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ