不器用だっていいじゃない

不器用だっていいじゃない

こんばんは、西橋です。

私は不器用なので他の人に比べて作業速度は遅いですし、テキパキと動くことはできませんが、そんな自分を認めていますので、ゆっくりでも他の人と同じくらいの速度でできるようにやり方を工夫したりします。

でも、多くの方は自分が不器用だと知ったら、他の人と同じくらい器用になろうと頑張ります。

不器用なのってそんなに悪いことですかね?

確かに、人付き合いにおいても器用な人は多くの人と広く浅く付き合うことができるのに対して、不器用な人は多くの人と上手く付き合うことができません。

ですので、損だと感じるかもしれませんが、器用な人ほど浅い関係で終わりやすく、不器用な人ほど自分の本音を語り合える親友を作りやすいという側面も持っているんですよね。

仕事の面で考えても、器用な人にはそれなりの仕事量がまわってきてしまうので、人によっては「不器用な方が得だな」と思う人もいるわけです。

器用も不器用も一長一短。

不器用なら不器用なりの長所を活かしていくことが自分らしく幸せになれる秘訣ですよ。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ