マイナス思考や気分の落ち込みから脱出する方法

マイナス思考や気分の落ち込みから脱出する方法

こんばんは、西橋です。

人間は物事を主観的に見る生き物です。

私とあなたが見ている色、例えば同じ「青色」を見ていたとしても、全く同じ色が見えているわけではないという話は有名ですよね。

ですので、誰しも主観的に物事を見ているのですが、その傾向が強ければ強いほど、事実を歪めて認識してしまう危険性が出てしまうのです。

例えば、

「気にしてないよと言ってくれたけど、私に気を遣って無理に言ってるに違いない」

「上司が同僚を褒めたのは私への皮肉に違いない」

「80%は上手くできたけど20%失敗だったからダメだ」

といった感じですね。

特にマイナス思考で落ち込みやすく人間関係に悩みやすいタイプの人は主観的に見る性質が強いですので、せっかくプラスになる経験をしたとしても勝手にマイナスに変換して落ち込んだり、自信喪失したりします。

この主観に対するものが客観です。

「○○さんならどう考えるかな?」

「もしかすると、こういう可能性もあるんじゃないか?」

「(ミスをした自分を責めてしまうとき)もし、親友が自分と同じミスをしたなら親友にどんな言葉をかけるかな?同じように責めるかな?」

自分が「こうに違いない」と決め付けてしまったことにでも、一度こういう問いかけをすると客観的に考えやすくなります。

主観が強いかなと思う方は、これを習慣化させていただくと、マイナス思考や気分の落ち込みから脱出しやすくなりますよ。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ