マイナス思考の妄想から抜け出せる習慣

マイナス思考の妄想から抜け出せる習慣

こんばんは、西橋です。

パチンコ店の前でゴミを拾っている店員さんを良く見かけます。

朝早くからゴミを拾うという行為は素晴らしいと思います。

それは、誰が見てもそうですよね。

でも、パチンコ店の店員さんは、店のユニホームを着てゴミ拾いをすることで、店のイメージアップを図っているのかもしれません。

そう考えると、なんだかゴミ拾いが素晴らしいことではないように感じませんか?

同じ出来事でもどう捉えるかによって受け取り方が180度変わることもよくあるんですよね。

これは人間関係においても同じです。

例えば、自分と一緒のときはあまりしゃべらないのに、他の同僚といるときはよくしゃべる人がいたとして、

「あの人は私のことが嫌いだからあまり話をしてくれない」

と捉えれば、ショックを受けるしかかわると迷惑かなと変に気を遣ってしまいますが、

「あの人は私といるときは無理してしゃべらなくてもいいと思ってるからしゃべらない」

と捉えれば、良い関係が築けているなと嬉しくなるかもしれません。

マイナス思考の人が出来事を一つの捉え方だけで見てしまうと必ず良くない妄想をして苦しんでしまいますので、他の側面で捉えられないか立ち止まって考える習慣をつけていくと良いですよ。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ