マイナスの悪循環に陥らないために必要なこと

マイナスの悪循環に陥らないために必要なこと

こんばんは、西橋です。

人付き合いが苦手な人は、どうしても人とのかかわりを避けてしまいます。

まぁ、苦手なことや嫌なことを避けるのは人間の自然な本能ですから仕方ないと言えば仕方ないのですが、ただ、これをやり続けてしまうとマイナスの悪循環に陥ってしまうから危険です。

人とかかわらないことによって勝手な想像(しかも極端なマイナス思考)で結果を予測して「ダメに決まってる」とか「できないに違いない」とかを繰り返してしまう。そして、偏ったマイナスの狭い考えにどんどんなって、前向きな行動を何もしなくなってしまいます。さらに、その苦しみから逃れるために死にたいとまで思うようになってしまうケースもあるんですよね。

このマイナスの悪循環から脱出するために必要なことは、ちょうど悪循環を作り出すことと逆のこと。

つまり、人とのかかわりなんですよね。

人とのかかわりを避けずに続けていけば、そのかかわった人の考え方や価値観に触れることができるので、数が多ければ多いほどマイナスの考えが緩和されやすくなります。

他人の話を聞いている中で「あっ、別にそんなに悩まなくてもいいことだったんだ」「他の人はそんなに考えていないんだ」といった気付きを得て偏った考えが緩和されるケースも多いですからね。

人付き合いが苦手だから避けようとお考えであれば、しんどいとは思いますが悪循環に陥らないためにも人とのかかわりを保つように心がけましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ