できる理由を考える習慣が必要

できる理由を考える習慣が必要

こんばんは、西橋です。

人間関係で悩みやすい人は「できない理由」をたくさん思いつくのですが、逆に「できる理由」はほとんど思いつきません。

これは、普段からできない理由を考えて自分を責めることを習慣化させていることが原因だといえます。「他の人より仕事ができない⇒やっぱり自分はダメな人間なんだ」といった感じのことばかり考えてしまいますからね。

でも、人間関係で悩みやすい状態から抜け出すためには、その悪い習慣から脱出して「できる理由」を考える習慣を身に付けることが必要となります。

例えば、

「他の人より不器用だから仕事ができない。」

ということを考えた場合に、

「じゃあ、どうやったらできるようになれるのかな?」

と考えるようにしていくのです。

今までの悪い習慣が深く根付いているので、考えるようになったからといってすぐには変わりませんが、続けていくことで少しずつ習慣化されて悪い習慣を上書きしてくれますよ。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ