相手の間違いをさりげなく訂正するコミュニケーション方法

相手の間違いをさりげなく訂正するコミュニケーション方法

こんばんは、西橋です。

サラリーマン時代の話ですが、よく上司や同僚が間違った言葉を使っている場面に遭遇することがありました。

でも、特に上司に対しては面と向かって指摘すると角が立つし、間違ってると分かっていながらも放置してしまうケースは多かったですね。

まぁ、自分が嫌いな人に対しては間違ったままで放置して恥をかかせるという考えもありますし、例えば、心理学でしか使わないような 「認知行動療法」等といった非日常的な言葉なら別に間違ったままにしておいても問題ないでしょう。

ただ、やっぱり人前でよく使う言葉の場合は、その人が恥をかく可能性が高いので、さりげなく修正してあげると感謝されやすいんですよね。

で、どうやってさりげなく間違いを指摘するか?

あなたも一度考えてみてください。

答えは明日のメルマガでお伝えします。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ