相手に親近感を与え笑いも取れる話

相手に親近感を与え笑いも取れる話

こんばんは、西橋です。

相手に親近感を与えて、なおかつ、笑いまで取れるような話があることをあなたはご存知ですか?

これはすごく高度なテクニックが必要で、なかなか誰にもできないほどの話ですが…

というのは嘘で(笑)

別に誰にでもできる話「自分の失敗談」なんですよね。

自分の失敗談を話すのは恥ずかしい気持ちもありますし、ダメな人間だと思われて相手にされなくなるのではと不安を感じる人もいますが、話せば相手に親近感を与えて笑いまで取れるようになります。人は誰しも少なからず失敗は経験しているので、それが共通点となって親近感を抱くんですよね。

例えば、

  • 結婚式の時、極度の緊張で手と足が震え過ぎてみんなに笑われた。
  • 営業の仕事をし始めたころ、連絡を入れずに約束の時間に遅れて、お客さんから怒られた。
  • 高速道路を走ったことがあると嘘をついて走って、目的地を越えて走り続けた。
  • ラーメン屋に食べに行っている時、店内で「この辺においしいラーメン屋はないですか?」と先輩に質問してしまい、「場所を考えろ!」と注意をされた。

といった感じの失敗談は誰にでもあります。(ちなみに上記は実際の私の失敗談です)

自分が失敗談を話すことで、相手も失敗談を話してくれることが多く、お互いに深い付き合いをしていく上で失敗談を話すことは大切です。

失敗を多く経験した人ほど失敗談が多いはずですので、話せる範囲の小さな失敗談から少しずつ話してみてはいかがでしょうか?

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ