気遣いにも限度がある

気遣いにも限度がある

こんばんは、西橋です。

人間関係で悩みやすい人は頑張ってやることで逆効果になってしまうことが多いのですが、その一つに「過剰な気遣い」があります。

気遣い自体は全然悪いものではないんですけど、それが過剰になると逆効果になって人間関係を悪化させる危険性が高くなってしまうんですよね。

例えば、仕事が忙しいとき、手伝いに来てくれた人に対して、「申し訳ないので…」と遠慮して断ってしまうと相手は嫌な気持ちになってしまいます。人によっては、心配してあげたのに・・・と怒り出すかもしれません。

そんな時は「ありがとうございます」と言って手伝ってもらえば円満に終わるものです。

他にも、エレベーターなどで譲り合ってなかなか降りなかったり、元気そうな年配の方に席を無理やり譲ろうとするのも同じことです。せっかくの気遣いも、やり過ぎると相手に不快感を与えてしまうのです。

気遣いにも限度があると認識して、過剰な気遣いをしないようにしましょう。

ですので、頑張って無理な気遣いをせずに少し手を抜いて気遣するのを休んだ方がちょうどいいかもしれませんね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ