忘れてしまったコミュニケーション

忘れてしまったコミュニケーション

こんばんは、西橋です。

動物にはそれぞれコミュニケーション能力があります。

もちろん人間もそうなんですが対人恐怖症など人間関係の悩みの渦中にある場合、本来持っているはずのコミュニケーション能力を発揮できなくなってしまいます。

どんな小さな頃から人見知りであったとしても、生まれてすぐ、人見知りというはまずありません。

赤ちゃんは、「泣く」という行為で自己主張し、親という存在とコミュニケーションするからです。

そして、成長するにしたがって、自然と人と話すことを覚えていきます。

でも、何らかのキッカケで対人恐怖症になったりしてしまうと、自分の意見が言えなくなったり、自己主張できなくなったり、普通に会話できなくなったりしてしまうのですが、これは単に持っていたはずのコミュニケーション能力を忘れているだけの状態です。

つまり、その忘れているコミュニケーション能力を思い出すことが出来れば、対人恐怖症などの人間関係の悩み解決につながるんですよね。

コミュニケーション能力を高めるのではなく、コミュニケーション能力を思い出すことが解決につながるケースは多いですので、どうすれば思い出せるかを考えてもらうのが良いかもしれません。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ