余計な一言をこらえて相手をコントロール

余計な一言をこらえて相手をコントロール

こんばんは、西橋です。

あなたは上司や同僚とのやり取りの中で「一言多いな」と感じたことはありませんか?

例えば、

  • 急ぎでやってくれと頼まれた仕事を急いで終わらせたら、上司から「ありがとう、早いときもあるんだね」と言われた
  • いつも参加できていない飲み会に勇気を出して参加表明をしたら同僚から「○○さんが参加するなんて珍しいね。何かあったの?」と言われた

こんな感じのことですね。(下線を引いたところが余計な一言です。)

余計な一言は、言った本人の気持ちを満足させるのですが、言われた側は非常に不快感を感じます。ですので、その余計な一言を言われたことに対しては一気にヤル気をなくしてやらなくなってしまいます。

もし、上記の一つ目の例で上司が余計な一言を言った部下に対して、普段から仕事を早くやって欲しいと思っているなら、「ありがとう」だけでとどめておくことで部下のヤル気を引き出して早く仕事をしてもらえる可能性が高まります。

相手に自分の思うとおりのことをして欲しいと思うのなら、それをジャマする余計な一言はグッとこらえましょうね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ