人間関係で悩む人は空気が読めないのか?

人間関係で悩む人は空気が読めないのか?

こんばんは、西橋です。

一昔前の話ですが、空気が読めない人のことを「KY」という言葉であらわした時期がありましたよね。(もう今は死語かもしれませんが…)

実は、人間関係で悩みやすい人にも、その「KY」という傾向が多くみられます。

それは、なぜでしょうか?

どちらかというと、人間関係で悩んでいる人のほうが周りの人に気遣いをしているはずなんですけど、その気遣いのポイントがずれてしまっているので「KY」と捉えられてしまうんですよね。

気遣いのポイントがずれていると、変な気遣いになってしまったり、周りから笑われたり、天然だとか空気が読めないだとか言われてしまいます。

ですので、人間関係で悩みやすい人は、過去に天然、空気読めないと言われた経験を持っている場合が多いんです。

そのことを自分の持ち味と考えることが出来たり自分のキャラにすることができれば良いのですが、人間関係で悩みやすい人の場合、そのような捉え方はできず自分がダメだとしか考えられません。

気遣いがずれてしまう原因は何なのでしょうか?

それは、

「自分が相手に迷惑を掛けないようにできているかを考えて気を遣っているか」

「相手が喜んでくれるかを考えて気を遣っているか」

の違いです。

人間関係で悩みやすいタイプの人は前者の気遣いをしている傾向が高く、気遣いが上手いと言われる人は後者の気遣いをしています。

「周り以上に気を遣っているはずなのに評価されない。」

なんて思うときは、どっちの気遣いをしているか、見つめ直してみると良いかもしれませんよ。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ