些細な質問はコミュニケーションの要

些細な質問はコミュニケーションの要

こんばんは、西橋です。

コミュニケーションが苦手な人ほど「面白い話をしよう」とか「相手が興味を持つ話をしよう」とか、自分がどういう話をするかという点ばかり気にする傾向があります。

ですので、「面白い会話ができるようになれますよ」という感じの本を買って勉強します。

でも、なぜか本で書いてるようには上手くいかない。

実はその理由の一つが些細な質問をないがしろにしていることにあるんですよね。

自分が話すことばかりに気をとられていると相手の話を聞いているようで聞けていない状態になります。すると、聞いている中で気になって自然にする質問「それってどういうこと?」とかが浮かんでこなくなってしまいます。

本来、そういう些細な質問から相手が関連する話を展開したり、さらにその展開された話で出てきたことに些細な質問をしたりすることで、どんどん会話が広がって話が盛り上がっていくはずなんですけど、それがなくなっちゃくんですよね。

そりゃ、上手くいかなくて当然ですよ(笑)

コミュニケーションにおいては、何を話すかよりも些細な質問をすることの方が断然大切です。

忘れないでくださいね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ