主観を弱めて対人関係を良くする

主観を弱めて対人関係を良くする

こんばんは、西橋です。

主観が強すぎると、相手の意図を歪めて捉えてしまったり、悪く妄想してしまったりします。

「あの人はこういう話をしたから、こう思ってるに違いない。」

「あの人はこういう態度だから、こう思ってるに違いない。」

なんて決め付けているようであれば、相手の意図とズレが生じている可能性は非常に高いですね。こうなると、相手の意図が汲み取れず話が食い違ったり、変な勘違いをして関係をギクシャクさせてしまったりという危険性が出てきます。

ですので、対人関係を円滑に進めるためには、主観は弱いぐらいがちょうど良いのです。

主観が弱い人は、相手の意図を歪めずに汲み取ったり、素直に聞くことが出来ますので、相手の信頼を得て仲良くなりやすいんですよね。

「主観が強いかも」と思う人は、自分で勝手な解釈をしたままにせず、その解釈が相手の意図とズレていないかどうかを直接相手に聞いてみるようにしましょう。

そうすることで、自分の主観に気付くことができるようになって、相手の意図を汲み取りやすくなりますので。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ