ゆるキャラコミュニケーション法

ゆるキャラコミュニケーション法

こんばんは、西橋です。

「コミュニケーションが苦手なんです。どうすれば上手くコミュニケーションが取れるようになれますか?」

というご質問をいただくことが多いのですが、この質問をされる方の多くは本で勉強した「相槌、ミラーリング(相手と同じ仕草をすること)、ペーシング(相手のペースに合わせること)、オウム返し、相手に興味を持つこと、質問など」を頑張っておられます。

でも、やろうとしてもできなかったり、やっても上手くいかなかったりを繰り返して質問をしてこられるんですよね。

上手くいかない理由は、コミュニケーションにおいて大切なのが、そういう表面的なスキルじゃないからなんですけど、自分ではなかなか気付けないので悩んでしまうんです。

「じゃあ、何が大切なの?」って話ですが、何だか想像つきますか?

今回の記事のタイトルで気付かれたかもしれませんが、実は「ゆるさ」なんですよね。

ゆるい雰囲気を持っている人ほど話しかけてもらいやすく、話しかけても受け入れてもらいやすい。ハッキリ言って、本に載っているようなスキルを頑張らなくてもゆるささえあれば、上手くコミュニケーションが取れるようになれるのです。

逆に、カタイ雰囲気の人は話しかけてもらいづらく、話しかけても受け入れてもらいづらい。

あなたはどちらに当てはまりますか?

どうやってゆるい雰囲気にしていけばいいか知りたい方はこちらから個別にご相談いただければ対応させていただきます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ