失う怖さを克服する方法

失う怖さを克服する方法

こんばんは、西橋です。

今回お伝えする内容は潜在的には誰しも持っているものだとは思いますが、それを意識的に感じて怖さを感じてしまうケースに対するものです。

人は誰しも何かを得ることと同時に「失う可能性」というものも得ることになります。

例えば、

  • 同僚から信頼を得ることと同時に信頼を失う可能性を得る
  • 後輩から尊敬されることによって尊敬されなくなる可能性を得る
  • 友達ができることによって友達を失う可能性を得る
  • 恋をすることによって失恋する可能性を得る

このように新しい何かを得ることによって、私たちは失う可能性も同時に得ているんですよね。

ですので、もし無意識的にでもその失う可能性を考えて「怖い」と感じてしまったなら、どうしても得ることに対して抵抗を感じるようになります。

失う可能性を得てしまうくらいなら、いっそのこと得ない方がいいと思うので、「友達が欲しいんです」と口では言いながら、実際に友達を得られるような行動をしないといった矛盾が生じて苦しむのです。

この失う怖さを克服するためには、実際に失ってその悲しみや苦しみを乗り越える経験を繰り返すしかありません。

失うのが怖いから得ないを繰り返している限り、その怖さから解放されることはないのです。

失うことによる悲しみや苦しみ、つらさはその対象によってはすごく耐え難いものになるかもしれませんが、逃げずに向き合っていれば少しずつ時間の流れと共に乗り越えていくことはできますので少しずつ経験していきましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ