ストレスによる生活習慣病を防ぐために

ストレスによる生活習慣病を防ぐために

こんばんは、西橋です。

あなたは生活習慣病という言葉を耳にされたことがあるかと思います。

がんや心臓病、脳卒中、高血圧、糖尿病などが代表的ですよね。

実はこの生活習慣病は、ストレスとも深い関係があります。

なぜなら、ストレスによって、免疫力の低下、自律神経の乱れ、ホルモン異常が起こってしまうからです。

この生活習慣病は、名前のとおり、悪い生活習慣が原因となって発症する病気ですので、良い習慣に変えてあげることで未然に防ぐことができます。大敵であるストレスをできるだけ溜めない生活習慣にしてあげるのが良いですね。

一番良いのはストレスを根本的に解消することですが、少しでも発病率を下げるためにできることとして、ストレス解消法を生活習慣の中に取り入れるという方法があります。

カラオケで歌いまくる、友達と騒ぎ倒す、身近な人にひたすら愚痴る、全力疾走する…

あなたがハメを外してストレス発散できる方法ならどんな方法でもかまいません。

ストレス発散を生活習慣の中に取り入れて生活習慣病を未然に防ぎましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ