間違ったストレス解消法

間違ったストレス解消法

暴飲暴食

eat好きなだけ食べたり飲んだりしてストレスを解消する方法ですが、過食症や拒食症になる可能性がありますので危険です。 また、脳が疲れると不足したブドウ糖を補うために、どうしても甘いものが食べたくなってしまうのですが、糖分を摂り過ぎると、さらに疲れてストレスが増すという悪循環にはまることもあります。


アルコール

alcohol「忘れよう忘れよう」と嫌なことを思い出しながらお酒を飲むことで、逆に嫌なことが忘れられなくなってしまうので余計にストレスが溜まってしまいます。 さらに、アルコール依存症になってしまう危険性もあります。


八つ当たり

yatuatariストレスでイライラして物や人に八つ当たりすることでストレス発散できるのですが、人にあたるのは人間関係を壊す可能性が高いため危険です。紙に嫌なことを書いて破るくらいにしておきましょう。


たばこ

tobacco喫煙をし続けている場合、ニコチン依存症(薬物依存症)になっていることが多く、その影響で喫煙すると気持ちが落ち着きます。 でも、それは依存しているだけでストレスは解消されていないのです。


ギャンブル

slotパチンコやスロット、競馬、競艇などのギャンブルをすることで、気持ちが高ぶってストレスが解消されたかのような錯覚に陥ります。 でも、実際には解消されておらず、ギャンブル依存症になる危険性も高いです。


確かにこれらは間違った方法ですが、ストレスが溜まり過ぎるとどうしてもやってしまいます。

それは身体を守るための人間の自然な機能ですので、無理やりやめるとうつやパニック障害などになってしまう恐れが高く危険です。

ですので、やめる代わりに自分に合った正しいストレス解消法を始めるのです。

⇒自分に合った正しいストレス解消法を探す

サブコンテンツ

このページの先頭へ