過呼吸

過呼吸

ストレス等が原因で呼吸のリズムが乱れて血液中の二酸化炭素が不足し、頭痛、全身の痺れ、死の恐怖などの症状が出るもの。過換気症候群とも言われる。

 

軽い症状と見られがちだが、心肺停止につながる危険性もある。

 

対処法として袋を口にあてがってその中で呼吸することが良いとされてきたが、これは窒息の危険性が高いため最近では勧められていない。その代わりに、背中をさすってもらいながら息を吐くのを意識すること等が効果的だと言われている。

 

 

⇒職場でのストレス解消に役立つ情報はこちら

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ