緊張性頭痛

緊張性頭痛

長時間勤務、睡眠不足、不規則な時間の食事、眼精疲労、脱水などを原因とする日本で最も多く認められている頭痛であり、5人に1人が該当すると言われている。

首や肩の凝りとともに徐々に後頭部の痛みまたは重さを感じることが多い。片頭痛に比べて長く続くのが特徴でもある。

 

⇒緊張緩和

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ