突発性難聴

突発性難聴

「前日まで何の問題もなかったのに出社して電話に出たら相手の声が全く聞こえない」といった感じで、前触れなく急に音が聞こえなくなってしまう原因不明の難聴。大きく外傷性とストレス性の二つに分かれる。

発症後一ヶ月以内に治療することで約半数の人は聴力が戻ると言われているが、聴こえにくいなと思いながらも治療せず放置し続けていると治らなくなる危険性が高まる。また、初期にめまいを伴うものは治りづらいとも言われている。

治療方法として、ステロイド剤投与など中心におこないながら、ストレスを溜めないようにゆっくり休むことが効果的とされている。

突発的であるが、日々のストレス解消をおこなうことが予防につながると言われている。

 

⇒職場でのストレス解消に役立つ情報はこちら

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ