摂食障害

摂食障害

自分で食べる量をコントロールできずに、極端に食事を少なくしたり、極端に多くしたりすることで、健康面で様々な問題を発生させてしまう障害。

 

物を食べたり飲んだりする機能の障害と区別するために、中枢性摂食異常症と呼ばれることもある。

 

主に人間関係でのストレスやトラブル、肥満への恐怖などが原因となる。

 

自信のなさや不安、恐怖などを紛らわせる代償行為として発生し、食べることを拒絶してしまう拒食症と食べすぎてしまう過食症の二つに分類される。

 

 

⇒職場でのストレス解消に役立つ情報はこちら

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ