出社困難症

出社困難症

職場のストレスによって、出社したくない気持ちが無意識に強くなり、出社しようとしてもできなくなる症状。

 

原因として、上司や同僚の評価を気にし過ぎて自分の許容量以上の仕事を抱え込む、入社、異動、転勤などの環境の変化に適応できないといったこと等によるストレスが挙げられる。

 

小さなことを気にしやすい神経質、頑張り屋さんタイプの人がかかりやすい。

 

家族や職場にいる周囲の人が怠け病だと認識して、本人の悩みを無視してしまいがちになるが、可能な限り理解するように心掛け、サポートすることが必要とされる。

 

 

⇒職場でのストレス解消に役立つ情報はこちら

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ