人見知り

人見知り

人とのコミュニケーションや付き合いが苦手なこと。

また、子供が知らない人を見て恥ずかしがる様子も表しており、幼い頃から発症することが多い。「人前で目立ちたくない」という気質のようなものではあるが、生活に支障をきたすものではない。特に初対面の人、異性に対して緊張するが、回数を重ねるごとに緊張は和らいでいく。

また、親しい人とは普通に接することができる。自分の感情を出したり自己主張することが苦手なので、周りから無口、内気、おとなしいなどと言われることがあるが、他人の話に耳を傾けて相手の気持ちを察する能力が高く、仕事を完遂したり、嫌がる仕事でも引き受ける人が多いので「良い人」として評価されることもある。

家庭を持つと家庭のために自分を犠牲にしてしまうケースも多い。

女性の場合は人見知りでも魅力と感じてもらえる場合があるが、男性の場合は情けない、男らしくないとマイナスの評価をされてしまいやすい。ただ、最近は女性の社会進出が当たり前になってきているので、女性の場合でもマイナスの評価をされてしまうケースが増えている。

アルコール依存やうつになりやすく、悪化して対人恐怖症になる場合もあるが、人との出会いや経験の中で克服しやすいものでもある。

 

⇒職場の人間関係改善に役立つ情報はこちら

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ