ランチメイト症候群

ランチメイト症候群

職場等で一緒に昼食を食べる相手がいないことに対して恐怖心を抱く現象。

 

集団行動を好みやすい傾向がある女性の方が男性に比べるとなりやすい。

 

一人ランチに対して「一緒に昼食を食べる相手がいない寂しい人、嫌われ者」とったイメージが抱かれやすいため、そう思われてしまわないようにと、本当は一人ランチがしたいのに複数人で集まって昼食を食べる人も多いと言われている。

 

また逆に、一人で食べている姿を見られたくないという強い思いから、トイレで昼食を食べるケース(便所飯)もある。この便所飯については、都市伝説のように扱われることもあるが、少ないながらも実在することが証明されている。

 

 

⇒職場での孤立解消に役立つ情報はこちら

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ