パニック障害

パニック障害

何の理由もなく、急に激しい動悸や息苦しさ等に襲われて、死ぬのではないかという恐怖感にとらわれて苦しむ病気。

 

一時的に手足が震える程度で、身体的には異常がないにもかかわらず発作が繰り返されるので、また起こるのではないかという予期不安に悩まされ続ける。

 

また、「同じ場所で発作が起こるのではないか」「逃げ場のない場所で発作が起こったらどうしよう」という不安から、電車やバスに乗れない、人ごみに入れないという状態にまで陥ってしまう。(広場恐怖)

 

その結果、活動範囲が制限されてしまい外出すること自体が困難になり、引きこもりがちになるケースが多い。

 

最近では、パニック障害を抱えていた芸能人がカミングアウトして、同じ悩みを持つ人を勇気付けようとする動きも見られるようになってきている。

 

 

⇒職場でのストレス解消に役立つ情報はこちら

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ