セクハラ

セクハラ

職場などにおける立場や職務権限を利用して、性的な言動や行為をおこなう、または強要すること。正式名称はセクシャルハラスメント。

 

以下のような事例が該当するが、受けた側がセクハラと感じるかどうかが基準となるため、曖昧な部分も多い。

  • 職場での昇進をチラつかせた性行為の強要
  • 職務上の立場を利用して体を触る
  • 職場などで性的不快感を起こす物の掲示
  • 恋愛経験をしつこく聞く
  • 女性に対して結婚、出産のことをしつこく言う
  • 男性に対して「男のくせに〜」と言う
  • 男性を風俗店に無理やり誘う
  • 会社などで女性に性的な冗談や容姿、身体に関することを言う

 

男性が女性に対しておこなうイメージがまだまだ強いが、女性が男性に対しておこなうセクハラ(逆セクハラ)も潜在的にあり、最近では問題視されてきている。

 

セクハラを受けていないにもかかわらず、嫌いな上司に攻撃するために、セクハラを受けたと訴える冤罪もある。

サブコンテンツ

このページの先頭へ