あがり症

あがり症

「良く見られたい」「欠点を隠したい」という気持ちから、緊張して思うように話が出来なくなってしまったり、顔が赤くなってしまったりする症状。心臓がバクバクするほど心拍数が高まる。

  • 会議で発言する
  • 朝礼で一分間スピーチをする
  • 上司や役員など権威のある人と話す
  • 面接を受ける

といった特定の場面でのみ症状が現れる。その場面が終わったあとはホッとした気持ちになって、思い出して不安な気持ちになることはほとんどない。

特定の場面のみの問題なので生活に支障をきたすことはないが、その都度ストレスを感じてしまうため、精神的なしんどさが付きまとうことになる。

サブコンテンツ

このページの先頭へ